へたっぴyazのビリヤード日記です。
ビリヤードを愛する方も、これから始められる方も。
一緒にビリヤードを楽しみましょう(o^-')b
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビリヤードを始めた訳(その2)
そこで同級生はひと通りの「ビリヤードの仕方」を教えてくれた。
いろいろな色がついた球が、緑のラシャの上をコロコロ転がってポケットに入るのが新鮮かつ非常に面白い。

同級生に促され、これから始まるサクセスストーリーにニヤニヤしながら、颯爽とキューを構えて撞いてみた。

20090204

あれ?

まっすぐ撞けない。

いや、まっすぐ撞くどころか、球の中心すら撞けないのである。

おかしい。

スーパープレイで度肝を抜き、あっという間にビリヤード界の頂点に立つはずだったのに、「カスッ」とか「パキッ」とかのなさけない音で球は意図しない方向へ進んでいく。

「まぁ、最初はそんなもんだよ」との同級生の慰めの言葉を聞きつつ、妄想はやはり妄想であったことを痛感したのである。
  
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。