へたっぴyazのビリヤード日記です。
ビリヤードを愛する方も、これから始められる方も。
一緒にビリヤードを楽しみましょう(o^-')b
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キューの革巻きに挑戦(その1)
めでたく相棒となったMezzのAxi-606であるが、不満点が1つだけあった。
グリップに巻いてあるリネンの感触がしっくりこなかったのである。

もともとノーラップのBRCにコルクを巻いて使っていたので、リネンのざらついた感触がいまいちだなぁと感じていたのであった。

ホームのマスターに「革巻きっていくら位するんですか?」と聞くと、「材料費別で8,000円くらいかな」との答え。

キューやケースを買ったばかりで、金銭的余裕は無いが、時間的余裕のある僕は、またしてもD.I.Yの道を探ってみた。

革巻きの方法はネットですぐ見つかった。しかも写真つきで丁寧に解説されている。

「これなら簡単かも」

さっそく僕はヤフオクでグリップ用の革を2,000円ほどで購入した。
  
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。